Gitでローカルファイルのバックアップ

[] [] []
2009年4月14日 15:31

 Gitでローカルファイルの差分バックアップをやってみるテスト。

前提:

  • ミラーリングされているファイルサーバーがある
  • いままでは作業用PCがクラッシュしても大丈夫なように、作業後にいちいちファイルをファイルサーバー中のディレクトリに上書きコピーしていた
  • ファイル数が多くなる/容量が大きくなると面倒
  • これだと履歴管理ができない(Emacsの~.1のようなバックアップファイルに頼ることに)

 ということで、下記の手順でGitで差分バックアップをやってみる。

  1. 作業ディレクトリをgitリポジトリ化する。
    $ git init
    $ git add <対象ファイル>
    $ git commit -m "<コメント>"
      
  2. ファイルサーバーにgitのbareリポジトリを作る
    $ cd <バックアップディレクトリ>
    $ mkdir <適当なディレクトリ名>.git
    $ cd <ディレクトリ名>.git
    $ git init --bare
      
  3. ファイルサーバー内のbareリポジトリにコミット
    $ cd <作業ディレクトリ>
    $ git remote add origin <ファイルサーバー上のbareリポジトリのパス>
    $ git push master:master
      

 あとは作業が一段落したタイミングごとにコミット+pushをしていけばいいだけのはず。しかしこういう目的で使い出すとWindows上で動く、使いやすいGUIフロントエンドがほしくなるところではある。

コメント:
利用可能なタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>