EmacsでC#(csharp-mode)を使う

2011年3月4日 18:31

 EmacsでC#コードをいじりたかったのでcsharp-modeを導入した。

 csharp-modeはGoogle Codeのcsharpmodeプロジェクトから入手可能。

 とりあえず現時点での最新版「csharp-mode-0.7.6.el」をダウンロードし、csharp-mode.elにリネームして~/.emacs.d/lisp/以下にコピーし、.emacs.elに下記を追加した。

;; C# mode
(require 'csharp-mode)
(setq auto-mode-alist
      (append '(("\\.cs$" . csharp-mode)) auto-mode-alist))

 ちなみに私の場合、.emacs.el中で下記のように~/.emacs.d/lispをロードパスに追加しているが、そうでない場合はsite-lispディレクトリなどロードパスに含まれている場所にcsharp-mode.elを置く必要がある。

;; add ~/.emacs.d/lisp to load-path
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/lisp")

 最後にEmacs上でM-x byte-compile-fileを実行してcsharp-mode.elを指定してバイトコンパイルして完了。これでC#のコードが色付き(ハイライト)で表示されるようになる。

コメント:
利用可能なタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>