nuttcpでネットワークスループットを測る

2011年5月18日 18:40

 ネットワークのスループットを測るツールには色々ある。SourceForge.JP Magazineの翻訳記事(ネットワークのベンチマーク・ツールを試す – nepim、LMbench、nuttcp)でいくつか紹介されているのだが、その中でも自分が比較的よく使っているのがnuttcpだ。ということで簡易的な使い方メモ。

インストール

 ソースコードからビルドしても良いが、nuttcpのダウンロードサイトにはRPMパッケージもあるので、こちらを利用するのが楽である。

ベンチマークの実行

 nuttcpはクライアント/サーバー型のベンチマークツールである。つまり、帯域測定をしたいネットワークの片側でサーバーを動かし、もう片側でクライアントを実行してベンチマークを行う。

 サーバー側では「-S」オプション付きでnuttcpを実行しておく。

# nuttcp -S

 クライアント側では、サーバーのIPアドレス付きでnuttcpを実行する。上り速度を測定するには「-B」を、下り速度を測定するには「-D」オプションを使う。「-i<数字>」オプションを付けると、数字で指定した間隔で途中経過を表示する。「-v」や「-vv」で経過や結果の詳細表示。

 次の例はクライアントからサーバーへの上り速度を測定する場合。

$ nuttcp -B -i1 183.181.28.64
    7.1875 MB /   1.00 sec =   60.2683 Mbps     0 retrans
    7.1875 MB /   1.00 sec =   60.2960 Mbps     0 retrans
    7.6875 MB /   1.00 sec =   64.4898 Mbps     0 retrans
    7.7500 MB /   1.00 sec =   65.0148 Mbps     0 retrans
    8.0000 MB /   1.00 sec =   67.1111 Mbps     0 retrans
    8.1250 MB /   1.00 sec =   68.0925 Mbps     0 retrans
    7.8750 MB /   1.00 sec =   66.0627 Mbps     0 retrans
    7.6875 MB /   1.00 sec =   64.4892 Mbps     0 retrans
    7.5000 MB /   1.00 sec =   62.9117 Mbps     0 retrans
    8.1875 MB /   1.00 sec =   68.6899 Mbps     0 retrans

   77.6250 MB /  10.07 sec =   64.6675 Mbps 0 %TX 6 %RX 0 retrans 9.35 msRTT

 下り速度の測定は次のような感じ。

$ nuttcp -D -i1 183.181.28.64
    6.1250 MB /   1.00 sec =   51.3391 Mbps     0 retrans
    7.5625 MB /   1.00 sec =   63.4470 Mbps     0 retrans
    7.3750 MB /   1.00 sec =   61.8740 Mbps     0 retrans
    7.3125 MB /   1.00 sec =   61.3443 Mbps     0 retrans
    6.9375 MB /   1.00 sec =   58.1962 Mbps     0 retrans
    7.1875 MB /   1.00 sec =   60.2891 Mbps     0 retrans
    7.3750 MB /   1.00 sec =   61.8149 Mbps     0 retrans
    7.7500 MB /   1.00 sec =   65.0144 Mbps     0 retrans
    7.5625 MB /   1.00 sec =   63.4413 Mbps     0 retrans
    7.5625 MB /   1.00 sec =   63.4363 Mbps     0 retrans

   73.2500 MB /  10.07 sec =   60.9941 Mbps 0 %TX 5 %RX 0 retrans 9.11 msRTT
コメント:
利用可能なタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>