VirtualBoxでGNOME Shellを使う(Fedora 16)

2011年12月6日 01:31

 VirtualBoxでFedora 16のデスクトップを使う場合、デフォルトだとGNOME Shellが利用できない。GNOME Shellの利用にはハードウェアアクセラレーションが必要なためだ。VirtualBoxの場合、Guest Additionをインストールすればハードウェアアクセラレーションが利用可能になり、GNOME Shellが利用可能になる。

VirtualBox Guest Additionのインストール

 基本的な設定はInstall Fedora 16 VirtualBox Guest Additions and Get Working Gnome Shell Inside Virtual Machineという記事にある通り。

1. 仮想マシンの設定の「ディスプレイ」項目で、ビデオメモリを128MBに設定、「3Dアクセラレーションを有効化」にチェックを入れる。
VirtualBoxの設定

VirtualBoxの設定

2. Guest Additionのインストールにはカーネルモジュールのビルドが必要なので、カーネルヘッダーや開発ツールをインストールしておく。
# yum install kernel-devel kernel-headers dkms gcc-c++
3. VirtualBoxの「デバイス」−「Guest Additionsのインストール」を選択してGuest Additionsをマウントする。
4. 下記を実行
# cd /media/VBOXADDITIONS_4.1.6_74713/
# ./VBoxLinuxAdditions.sh
5. SELinuxの設定変更

 インストールされるVirtualBox Guest Addition関連ファイルのSELinuxラベルが不適切なので、変更する。

# cd /opt/VBoxGuestAdditions-4.1.6/lib/
# /sbin/restorecon -v *.so 

 実行後、ls -Zでラベルが「textrel_shlib_t」になっていることを確認する

$ ls -Z
drwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:usr_t:s0   VBoxGuestAdditions
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGLarrayspu.so
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGLcrutil.so
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGLerrorspu.so
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGLfeedbackspu.so
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGLpackspu.so
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGLpassthroughspu.so
-rwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:textrel_shlib_t:s0 VBoxOGL.so
6. ログアウトして再ログインする

 以上で作業完了。

VirtualBox上のFedoraでGNOME Shellが動作している

VirtualBox上のFedoraでGNOME Shellが動作している

コメント:
利用可能なタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>