Windows Azureメモその2:Azure Drive

2012年3月16日 22:17

 Azure Driveを利用するコード例がいくつかWebにあるのだが、「Windows Azure アプリケーション開発入門: 第 5 回 Azure ストレージ & Storage Client API を極める」は間違っているので注意。これで1日潰れた。

 全体としては内容はほぼ正しいのだが、最後に紹介されているドライブを作成するコードは現状(Azure SDK 1.6)では正しく動かない。問題の個所は、PageBlobを作成している部分。CloudDrive

  //PageBlobの作成
   pgAzure.Create(nDriveSize * 1024 * 1024);

Windows Azure 実環境上で CloudDrive の Mount メソッドが Unknown Error を発生させる」で述べられているが、CloudDriveのCreateメソッドを呼ぶ前に利用するBlobを作成していてはダメ。CloudDriveのCreateメソッドではBlobのフォーマット(VHD作成)も行っているため、CloudPageBlobのCreateメソッドでBlobを作成してしまうとマウントできなくなる模様。

Windows Azureメモその1

2012年3月7日 22:40

最近Windows Azureを触っているので備忘録的にはまったポイントをメモ(その1)。

SDKのバージョン

Windows AzureはSDKのバージョンアップとともに機能が増えたり仕様が変わっているため、古いバージョンのドキュメントを参照していると現状では仕様が変わっていたりしてハマる。特に1.3ではIIS周りの仕様変更など大きな変更点があったので、1.3未満のドキュメントを参照している場合注意が必要。特にFull IISあたり。

参考:Windows Azure 1.3の新機能の概要 - @IT

ディレクトリ構成

Windows Azureにデプロイした際、アップロードしたファイルがどのドライブに保存されるかは不定のようだ。E:の場合もあればF:の場合もある。WebRoleの場合、これらのドライブの、「¥approot¥」以下と「¥siteroot¥0¥」以下にファイルが展開される。¥approot¥と¥siteroot¥0¥以下には同じものが展開されるが、HTTPサーバーのルートとなるのは¥siteroot¥0¥のほう。

Web配置

Web配置では¥siteroot¥0¥以下が更新され、¥approot¥側は更新されない。

スタートアップタスクとその実行フォルダ

IISの設定を変更したい場合、スタートアップタスクとしてバッチファイルを実行するよう指定して処理するのが定石。スタートアップタスク実行時のカレントディレクトリは明言されていないが、Windows Azure環境では¥approot¥bin¥以下になる模様(エミュレータ上ではまた別のディレクトリになるので注意)。スタートアップタスクとして実行したいファイルのプロパティで「出力ディレクトリにコピー」を「常にコピーする」などに設定すると、そのファイルがこのディレクトリに配置される。サブディレクトリ以下にあるファイルはbin以下にそのサブディレクトリが作成されて配置される。

「ビルドアクション」の設定

ビルドアクションが「なし」のファイルはapprootおよびsiteroot以下に配置されず無視される。必要なファイルは「コンテンツ」に設定しておけばよい。

バッチファイル

Visual Studioでテキストファイルを作成するとBOM付きUTF-8エンコードのファイルができるのだが、これをバッチファイルとして実行しようとするとBOMが認識されずにエラーとなる。

エミュレータと実環境の違い

ディレクトリ配置が異なる。本番環境で¥approot¥bin¥に配置されるディレクトリは別の場所に配置される。

リモートデスクトップ

Azure SDK 1.6以降では発行時のウィザードでロールへのリモートデスクトップ接続の設定を行えるが、ここで「自動」を選択しないと、なぜかリモートデスクトップ接続もWeb配置もできなくなることがある(体験談)。前者はロールの再起動でなぜかできるようになったが、後者はリモートデスクトップが可能になった状態でもなぜかできなかった……。

あと、リモートデスクトップについてはWindows以外のクライアントもあるが、接続にウィザードで作成した証明書が必要なので、発行に用いたWindows環境以外から接続したい場合は証明書関係の設定が必要。ということでMacやLinuxから接続できるかは不明。